事例紹介
work

株式会社ヒトメディア

ヒトメディア様 × ハーバード式英単語アプリ

2012年7月「株式会社ヒトメディア」と「株式会社携帯スタディ王国」と共同で「ハーバード流英単語vol.1」をリリースしました。
今回は携帯スタディ王国HPリニューアルに伴い、株式会社ヒトメディアの森田社長にインタビューをさせていただきました。

覚悟はよろしいですか?
ハーバード大学出身のもりたまがスパルタであなたをしごきます。
果たしてあなたは海外進学できるレベルなのか、単語テストでチェックしてみませんか?
株式会社ヒトメディア様
ハーバード流英単語をリリースしたきっかけは何ですか?
携帯スタディ王国の山本さんとは知人の紹介で知り合いました。
主にガラケー向けに事業を行っていた頃からの付き合いですね。ちょうどスマホのシェアが伸び始めてきて、とりあえず、何か一つスマートフォンで学習できるツールを実験的に作ってみたいと思い、以前から付き合いのあった携帯スタディ王国に連絡を取って、山本社長とブレストをして完成したのが「ハーバード式英単語」でしたもともとお互いが「教育」という分野に関わっていたので話が盛り上がり、誰も解けないぐらい難しい問題だけを集めた英語アプリを作ろうということになりました。
携帯スタディ王国と一緒に仕事をして良かった点は?
まず「スピード感」ですね。携帯スタディ王国は教育系アプリ開発の実績が多くあるので、こちらが持っている問題データベースを見せたとき、「こういう製品を作りたい」という僕の意図を素早く汲み取ってカタチにしてくれました。また「デザインセンス」も高く評価しています。
僕は今まで多くのeラーニングに関する仕事をしてきましたが、UIもシンプルで使いやすくて、非常にクオリティの高いアプリを作ってくれたと思っています。
アプリ開発を終えての感想を教えてください
一連の開発を通して、スマートフォンアプリの市場というものを肌で感じる事ができました。
これからこの市場はさらに大きくなっていくはずです。この経験を活かしてスマートフォンアプリを使った教育の可能性を追求していくのも面白いですね。デザインセンスについて高く評価していると言いましたが、今回の開発にあたって生まれた「もりたま」という僕をモチーフにしたキャラクターが非常に気に入りました。
実は、会社の年賀状にも使わせてもらいました。
今後携帯スタディ王国に何を期待しますか?
携帯スタディ王国には多くのアプリ開発実績があるので、この先もスマホアプリに限らず良質なコンテンツを生み出してくれると期待しています。これからヒトメディアもより良い教育メディアを世の中に発信していきます。
この先、是非また一緒に仕事をしたいです ね。
株式会社ヒトメディア

株式会社ヒトメディア

http://www.hitomedia.jp/
所在地:〒106-0046 東京都港区元麻布3-1-35 c-MA3ビルA棟4F
設立:2006年12月

事例紹介
ヒトメディア様
自社サービス
スマホアプリ
mixiアプリ